荻窪白山神社の氏子について

2021年4月6日

  1. HOME >

荻窪白山神社の氏子について

氏子区域、氏子、崇敬者とはなんですか?

荻窪に古くからある神社の氏子は、古くからの習慣により【水の通り道】によってその氏子地域を分けられていました。
現在では、区画整備などで【水の通り道】も無くなってしまいましたが、現在でも氏子区域はその流れによって分けられています。
氏神様とは、古くは自らの祖神(親神)や、氏族に縁の深い神様を氏神としましたが、現在は地縁のある土地の守り神の産土神を指しています。
氏子とは、産土神である当社の姫神様の御神威を頂いている土地に住まわれている方のことを言います。
また氏子の方以外でも、特別なご縁にて、当社の姫神様を信仰して頂いている方の事を崇敬者と言います。
現在では、氏子の皆様、崇敬者の皆様の会である氏子崇敬会が発足され、荻窪白山神社の御神威の維持と神社の護持運営の為にご協力頂いております。

*氏子崇敬会にご興味のある方はこちらのページをご覧ください。

荻窪白山神社 氏子区域について

当社の氏子区域は以下の地域になります。

荻窪1丁目 荻窪2丁目 荻窪3丁目
荻窪4丁目 荻窪5丁目
南荻窪1丁目 南荻窪2丁目 南荻窪4丁目
上荻1丁目 上荻2丁目

地域の大部分が氏子:橙 地域の一部分が氏子:水色 地域のすべてが氏子:黒

昔は【水の通り道】で氏子区域を分けられていたことから現在の町名区分だけでは区別することは出来かねますため、
氏子区域に関してのお問い合わせは問い合わせ、もしくはお電話(03-3398-0517)でお願いします。

~当社、氏子区域を中心に表示されています。参考にされる場合には、拡大してご覧ください~

2021年4月6日

恐れ入りますが、テキストのコピーはできません。

© 2024 荻窪白山神社