『夏越しの大祓』

  1. HOME >

『夏越しの大祓』

当日の祭事の参加に関してからご覧になりたい方は、こちら

夏越しの大祓ってなんですか?

『大祓』ってなんですか?

日本では昔から人生の区切りや様々な幸運、困難が起こった際には神社等でさまざまなお参りをしていました。
その中で『大祓』とは、自らが無意識に起こしてしまった心身の穢れ、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清めることを目的としています。
日本書紀、古事記の中で見られる【伊弉諾尊いざなぎのみこと禊祓みそぎはらい】の神話を起源とし、古くから宮中においても、大祓が行われていたと記録されています。
中世以降、各神社で年中行事の一つとして普及し、現在では多くの神社で年に2回執り行われる恒例祭祀となっています。

『夏越しの大祓』とはなんですか?

年に2回行われる大祓のうち、六月に行われるの大祓を『夏越しの大祓なごしのおおはらい』と呼びます。(当社では『夏越の祓なごしのはらえ』としています)
夏越しの大祓は、古くから夏の悪病、疫病を退けるために行われたという説もあり『悪病除け』『無病息災』を祈る祭事としての側面も強くもっています。
大祓詞を唱え、形代かたしろ人形ひとがた(人の形に切った白紙)などを用いて身についた半年間の穢れを移し、その形代(人形)を海に流す事で穢れを祓う『形代ながし」を行い、子孫の繁栄や幸福、無病息災を祈ったとされています。

形代(人形ひとがた)はどうしたらいいの?

大祓では、半年間の無自覚の罪や穢れを形代(人形)に移し、祓い清めるために使用します。
形代(人形)の扱い方としては

  • 形代に名前と年齢を書く(ご家族に一組となります)
  • 形代で体を撫でる
    ※悪い所があればそこを、無ければ肩などをなでます
  • 形代に息を3回吹きかける

形代に関しましては、氏子崇敬会会員の方には郵送させて頂いております。
(それ以外の方に関しては現在郵送は行っておりません。当社まで来ていただける方にはお渡し致します)
お祓いが終わった形代(人形)はお焚き上げ料と共に神社の受付までお持ち下さい。
お預かりした形代(人形)は、大祓の祭事が終わり次第お焚き上げいたします
(天候によっては当日のお焚き上げができない事もあります)

当日の祭事について

祭事への参加について

一般の方で初めて参加を希望される方は、事前問い合わせが必要となります。
お電話(03-3398-0517)、もしくは、お問い合わせからご連絡ください。
また、祭事への参加には玉串料が必要となります。詳しくは問い合わせ時にお訪ねください。

*ご案内差し上げました総代・世話人、氏子崇敬者の方はご連絡等は必要ありません。
当日の祭事10分前までに神社社務所までお越し下さい。

社殿に上がる前にお読み頂きたいこと

大祓は年中行事の一つであり、一つの神社のお祭りでもあります。祭事中は身を正して頂き、ご協力お願い致します。
昇殿時の服装は、Tシャツや短パン、スウェット、露出の高い服、素足などのカジュアル過ぎる服装はお止めください。
また、マスクの着用、消毒をお願い致します。

祭事中について

神職は事前に手指等の消毒を行い、祭事の際マスクを着用しますが、祝詞を奉じる時のみマスクを外します。
祭事中は参加社の皆様にも大祓詞を読み上げていただきますが、それ以外はできるだけ私語等慎むようにお願い致します。
境内、社殿内での許可の無い録音、録画、写真撮影などはご遠慮願います。

 

お電話でのご予約、お問い合わせは03-3398-0517まで

メールでのお問い合わせは、こちらからお願いします。

恐れ入りますが、テキストのコピーはできません。

© 2022 荻窪白山神社